信頼される医療人を目指して。

鍼灸科では、医療人としての知識と技術、そして倫理観や心構えを学びます。実際の医療現場で活躍する講師陣の指導により実践的な知識と技術を身に付け、患者様の痛みを理解できる優しい心をもったはり師・きゅう師を育成します。また、はりきゅうの高度な技術はもとより、了德寺学園でしか学べない『ストレスフリー療法』をマスターすることで、患者様に選ばれるはり師・きゅう師となることを目指します。

鍼灸科学科長
松澤 孝司

カリキュラム

1年次

医療の基礎知識・技術をしっかり固める
基本的な医学的知識と教養、東洋医学に関する基本的な知識とはり・きゅう理論・実技を習得することを目標にしています。

2年次

基礎から応用まで幅広い分野を学ぶ
1 年次から継続して行われる実技と並行して、西洋医学に基づく検査法や、東洋医学的診断「証」の立て方を学ぶことで、治療に直結する技術や判断力などを養成します。

3年次

国家試験対策はもちろん、実戦で活かせる技術を学ぶ
はり師・きゅう師の国家試験に万全の体勢で臨めるよう、徹底して学力アップをはかります。また、臨床実習を繰り返すことで、社会に
出て即戦力となるレベルへ技術を高めます。


在校生の声

国家試験合格が目標 夢はスポーツトレーナー

自分に合う専門学校を探している時に了徳寺学園を見学して、駅に近く通学も便利で、部活動推薦制度(奨学金制度)があり、高校3年間部活動に励んでいた私に合っていると思い志望しました。授業は丁寧で分かりやすく、複数のセミナーあり自由に参加できるので、将来やりたいことの参考になります。今はスポーツトレーナーになるため、国家試験合格を目指し日々の勉強を頑張っています。

丸石 みうさん
鍼灸科 2 年 千葉県立船橋二和高等学校卒業

 

 

 

 

 

 

 

「この人に会うと元気になる」と言われるような鍼灸師になりたい

授業は得手不得手がありますが、現場で必要な知識と考え、「この知識があれば誰かを救うことができるかもしれない」と思い、モチベーションを維持しています。人を治すことができるのは人の手であり、鍼灸師はそれができる仕事だと思っています。私の鍼灸治療で元気になった患者様が、他の誰かを勇気づけ優しい言葉をかけるなど、思いやりの連鎖ができればと思い、日々そのことイメージし、勉強に取り組んでいます。

中澤 さえさん
鍼灸科2年 淑徳高等学校・淑徳大学 大学院卒業