柔道整復師とは

医療の原点と未来を見つめる柔道整復術

柔道整復術は柔道の活法を基本とし、怪我を回復させる技術として日本古来より伝承されてきました。
薬を使用せず、人間本来の持つ自然治癒力を最大限に発揮させる「手技」は、幅広い分野で脚光を浴びています。
国家資格である柔道整復師の医療における期待と役割は、益々大きくなっています。

柔道整復師として活躍できるフィールド

世界の注目を集める柔道整復師
副作用の無い「手あて」による医療技術は、WHO(世界保健機関)にて正式に認知され、今やアジアをはじめとして、ヨーロッパ世界の様々な国からJudo therapistとして大きな関心が集まっています。

推進される医療との連携
医療の現場は多様なスペシャリストのチームワークで成り立っています。その中にあって、整形外科やリハビリ施設など、柔道整復師の高い専門性と確かな技術は欠かせません。

介護の分野でも貢献
注射、切開を一切行わない無血治療は、身体に優しく、特に高齢者に高い支持を受けています。今や接骨院やスポーツの現場はもちろん、介護や健康関連施設まで、幅広い分野で脚光を浴びています。

スポーツを支えるトレーナー
選手の怪我の応急処置や治療、予防、トレーニング指導など最高のパフォーマンスをサポートする仕事です。スポーツ関連施設での勤務、大会での救護活動要員など、スポーツ現場で活躍しています。

     整骨院、接骨院、鍼灸接骨院、病院、診療所、独立開業/ スポーツトレーナー/介護老人施設などの福祉施設/デイサービスなど

※ 日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者養成校として認定されています。

柔整科午前部 60名
柔整科午後部 60名

午前部 9:00~10:30
    10:40~12:10

午後部 13:00~14:30
    14:40~16:10

1日2時限(各時限90分)です。
※上記以外に臨床実習があります。

柔道整復師資格
ストレスフリーセラピスト
JATI-ATI


柔整科学科長 森澤 隆弘

私たちは授業以外で補講など、きめ細やかな学びの場を設け、学生一人ひとりと親身になって向き合います。了德寺学園で学ぶことで、医療人としての「自信」と「誇り」を身につけ、卒業時には夢を実現できると確信していることでしょう。

教員紹介はこちらから

カリキュラム

在校生紹介

『夢は多くありますが、まずは「国家試験合格」が現段階の目標』

腰痛で野球を諦めた経験から、怪我に悩んでいる野球選手のサポート、そして将来はプロスポーツのチームでトレーナーとして、力を尽くしたいという思いから、柔道整復師とJATI-ATIの資格が取得できる了徳寺学園に入学しました。実技科目、臨床実習が多く、国家試験合格率が高いことも魅力でした。授業は想像以上の内容で圧倒されていますが、丁寧で解りやすい先生方の後押しを得て国家試験合格に向けて日々努力しています。

梅原 悠真さん 柔整科2年
東京都立府中西高等学校卒業

『夢は柔道整復師として1人でも多くの患者様の支えになることです。』

通っていた整骨院の先生に、怪我を治すこと以外にメンタル面においても支えてもらい、先生のようになりたいと思うようになりました。オープンキャンパスで、先生方が真摯に話を聞いて下さり、了德寺学園で学びたいと思い入学しました。熱意のある先生方で、必要なことを沢山学べる学校です。実習等を通して自分に技術が身につくと、早く現場で実践してみたいと思い、自分の将来が楽しみです。立派な柔道整復師になりたいです。

大沼 萌乃さん 柔整科2年
敬愛学園高等学校卒業