2021年度の授業実施について(続報)

-緊急事態宣言の発出に伴う対応について-

関東圏を中心とした新型コロナウイルスの感染再拡大が続く中、政府は7月12日から東京都に緊急事態宣言を発出することを決定しました。

本学は、現時点において今学期の授業、試験などを全面オンラインに切り替えることをせず、感染対策ガイドラインに基づく「段階レベル6」を継続しながら、感染の拡大防止に細心の注意を払い面接(登校)形式の授業、定期試験を予定通り実施いたします。
ただし、持病など様々な事情により面接(登校)授業の継続が難しい先生方および学生には配慮致しますので、学科・事務等にご相談下さい。

個々の授業の情報については、クラスルームを通じて周知しますので、学生の皆さんは、必ず確認をしてください。
また、緊急事態宣言が発出されることを踏まえ、不要不急の外出を避けるとともに、これまで以上の感染対策の徹底を強くお願いいたします。
今後も、新型コロナウイルスの感染状況や社会情勢等により、授業実施方針を変更していきますが、再度授業実施方針を変更する際は、改めてお知らせいたします。

引き続き、学生・ご家族の皆様の健康と安全を最優先し、同時に社会的責任を果たせるよう、教職員一丸となって全力で取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

以 上