信頼される医療人を目指して。

鍼灸科では、医療人としての知識と技術、そして倫理観や心構えを学びます。実際の医療現場で活躍する講師陣の指導により実践的な知識と技術を身に付け、患者様の痛みを理解できる優しい心をもったはり師・きゅう師を育成します。また、はりきゅうの高度な技術はもとより、了德寺学園でしか学べない『ストレスフリー療法』をマスターすることで、患者様に選ばれるはり師・きゅう師となることを目指します。

鍼灸科学科長
松澤 孝司

カリキュラム

1年次

医療の基礎知識・技術をしっかり固める
基本的な医学的知識と教養、東洋医学に関する基本的な知識とはり・きゅう理論・実技を習得することを目標にしています。

2年次

基礎から応用まで幅広い分野を学ぶ
1 年次から継続して行われる実技と並行して、西洋医学に基づく検査法や、東洋医学的診断「証」の立て方を学ぶことで、治療に直結する技術や判断力などを養成します。

3年次

国家試験対策はもちろん、実戦で活かせる技術を学ぶ
はり師・きゅう師の国家試験に万全の体勢で臨めるよう、徹底して学力アップをはかります。また、臨床実習を繰り返すことで、社会に
出て即戦力となるレベルへ技術を高めます。

在校生の声

理学療法に鍼灸治療を加えた技術習得に取り組んでいます

了德寺大学在学中、理学療法と鍼灸を合わせた治療ができないかと考え、理学療法士資格を取得した後、了德寺医療専門学校に入学しました。鍼灸の技術に加え、東洋医学の基礎も学べることが大きな収穫で、幅広い年齢層の方たちと一緒に学ぶ環境も新鮮です。神経症状や麻痺などへの効果的な治療技術を身につけることが目標ですが、美容鍼にも興味があり、美容関係の仕事にも携わりたいと思っています。

安藤 愛さん
鍼灸科 2 年 千葉北高等学校・了德寺大学 理学療法学科卒業

学校のサポートを利用、ダブルスクールで2つの資格を取得

柔整科での学びと並行して、3 年生の時に鍼灸科へダブルスクールをしていました。柔道整復師は患部に対してアプローチをとりますが、鍼治療は患部から離れた部位からの治療も視野に入れています。治療の幅を広げるとともに、一つのことにとらわれない柔軟性が養われました。ダブルスクールは決して簡単ではありません。学校のサポートをうまく使うしたたかさも重要ですよ。

平野 飛翔さん
鍼灸科2年 銚子商業高等学校・了德寺医療専門学校 柔整科卒業