原 オサム先生の第6回卒後セミナーが開催されました。

先日、原 オサム先生の卒後セミナー(第6回目:今年度の最終回)が開催されました。ご担当の原先生は在学中の2・3年次に実技と3年次の「臨床実習」を教えてくださっており、緻密かつ分かりやすい内容で大好評を博しています。

 

 

当セミナーでは、在学中に使用しなかった『鍼先が「卵型」』の鍼を使っています。この形の鍼は体内に刺入することが難しく、より「刺入力」が求められる鍼になります。その鍼を用いているのも特徴の一つです。

 

 

今回は今年度最終回のセミナーでしたので、その後先生を囲んで慰労会も開催されました。