卒業生による『手技療法セミナー』を実施しました

先日、当学園鍼灸科2期生(2004年3月ご卒業)の有田 欣生(ありた よしお)先生による『手技療法セミナー』が実施されました。

 

有田先生はKI飯田橋附属統合医療センター長等を経て、現在 飯田橋で「ANTS(アンツ)鍼灸整体院」院長をされています。同時にトップアスリートのメンテナンスを行うトレーニングインストラクターもされており、地域医療の担い手として第一線の現場でご活躍中です。

 

 

今回のセミナーでは急性腰痛患者に対する手技療法として、患部を極力いじらずに近傍の股関節周囲に筋肉にアプローチを加え、腰痛による痛み等を軽減させるという内容でした。

 

柔整科の学生さんでも充分に理解出来る内容ですので、両学科対象に募集をかけましたところ20名以上の参加希望があり、大盛況のうち終了と相成りました。